7カード・スタッドの変種ポーカー「フォロー・ザ・クイーン」とは?

お馴染みのセブンカード・スタッドにひねりを加えたゲームも楽しみたいなら、「フォロー・ザ・クイーン」にトライしてみましょう。通常のスタッドポーカーと形式や構造は同じですが、ゲームの性質はスリル満点です。というのも、手札の価値が変わる可能性が常にあるからです。

7カードスタッドがクイーンポーカーをフォロー

フォロー・ザ・クイーンの遊び方とルール

ゲームは、強制的なアンティから始まります。賭けが全て完了したら、ディーラーは各プレイヤーに3枚のカードを配ります。カードは1枚ずつ配られ、そのうち2枚は裏向き、1枚は表向きです。裏向きカードの中にクイーンがあるかもしれないところが、このゲームの面白さです。誰もクイーンを持っていなければ、一番高いカードを持っている人から賭けを始めます。賭け方はセブンカード・スタッドと同じです。

続くラウンドでもカードをめくり、賭けを行います。カードがめくられるたびに、プレイヤーにはビッド、レイズ、チェック、もしくはフォールドをする機会が与えられます。ゲームはこのようにして進行し、全員のカードの枚数が6枚になるまで続きます。6枚のカードのうち、裏向きカードは2枚、表向きカードは4枚となるはずです。
最後の賭けの後、ディーラーは、プレイヤーが最後のカードをどのように受け取りたいかを尋ねます。最終的に、一番良い5枚の手札を持つプレイヤーが賞金を獲得します。

一見、普通のポーカーゲームに見えますが、ここでひとひねり加えます。これによって、ゲームがもっと面白くなります。

セブンカード・スタッドのワイルドカードは、フォロー・ザ・クイーンでは変化します。表向きで配られた全てのクイーンがワイルドカードとなるのです。また、プレイヤーにクイーンが配られるたびに、その次のカードがワイルドカードになります。同じプレイヤーにもう1枚クイーンが配られると、前回のワイルドカードはワイルドカードではなくなり、2枚目のクイーンの次のカードがワイルドカードになります。

この同じプロセスが、ゲーム終了まで、またはクイーン4枚がすべてプレイされるまで続きます。こうしたクイーンポーカーの中には、クイーンがないとプレイできないものもあります。言うなれば、「ノークイーン、ノープレイ」です。その場合、クイーンを必ず使う必要があります。表向きカードの中にクイーンが出ていない場合、誰も賞金を獲得できないので、プレイヤーの同意のもと再びゲームを開始します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *